税制特区法人設立 – ①ラブアン島

ラブアン (Labuan) は、マレーシアには13の州と3つの連邦地域がありその連邦直轄領の一つで、サバ州の沖合の南シナに浮かぶ島になります。

島の中心はバンダル・ラブアン (Bandar Labuan) で、マレーシアの首都クアラルンプールやボルネオ島最大の都市コタキナバルと国内線やフェリーで結ばれています。シッピングセンターがありリゾートもあり、ホテルも比較的安く、免税でお酒が安い点が魅力です。1990年マレーシア連邦政府によりオフショア会社法が制定され、ラブアン・オフショア金融サービスセンター (LOFSA) が設立されました。現在マレーシアのオフショア(租税回避地)として東南アジアや中東の注目を集めているオフショア金融センターの島です。
ラブアン法人設立専門の経験豊富な会社(Company Secretary)と提携して法人設立サポートをいたします。

ラブアン島法人設立サポートについて

 外国人投資家のメリット 

  • 現地人パートナー不要、100%外国人資本で会社設立出来る
  • 短期間で会社設立可能
  • 貿易会社の場合、税率は3%又は最大RM20,000
  •  投資持株会社は無税
  • 個人の所得、賞与、フィー等も無税
  • GST(消費税)、Sales Tax、Service Taxが無い
  • マレーシアリンギ建て口座以外に、米ドル、ユーロ、香港ドル、シンガポールドル、オーストラリアドル等の外国通貨口座でも開設可能
  •  株式や債券取引する会社も設立可能
  • 最低払い込み資本金(現在:US$80,000)の基準を満たせば、
    2年間のビジネスビザ(更新可能)が本人と同伴家族(21歳以下の子供含)に出る
  •  本人の両親も帯同が可能
  • ボルネオ島以外のマレーシアで、どこでも住む事が可能
  • ラブアン島法人が所有する証券、不動産等を第三者に譲渡、転売する場合、法人の株式を譲渡することで対応することも可能。その場合は、株の譲渡に関する印紙税もかからず容易に移転可能

 注意点(デメリット) 

  • マレーシア国内の事業をする場合は、マレーシア国内の税制に従う事になり、特に税的なメリットは無い。ラブアン当局への届出も必要
  • 会社維持費用が掛かる
  • ラブアン島の特殊税制は、日本居住者には適用とならない
  • 税制特典を受ける場合は、日本の非居住者に成る必要がある

下記のような企業に適しています
  • 国際ビジネス・コンサルタント
  • 海外との貿易会社(輸入と輸出共に)
  • E-コマース事業会社
  • インターネット関連企業
  • 海外株式、外為取引のトレーダー
  • 銀行
  • 保険及び再保険会社
  • 事業会社や不動産を所有する持株会社
  • 資産運用マネージャー
  •  リーシング、ファクタリング ビジネス
  •  海運業

ラブアン法人がラブアンの優遇税制(0~3%)を享受するための条件

 事業会社の場合(Labuan Trading Activity) 

1)ラブアン島にオフィスを構え、
2)ラブアン島に2 名以上のフル勤務のスタッフをおき、(かつ、そのうち1 名はマネジメントレベル)
3)ラブアン島において年間5 万リンギット以上の運営費の支出を行う

 株式保有のみを行う会社の場合(Pure equity holding activity) 

1)ラブアン島にオフィスを構え、
2)ラブアン島において年間2 万リンギ以上の運営費の支出を行う
3)会社の経営管理をラブアン島において行う(=役員が年に何度かラブアン島を訪問し、会社の経営方針等の重要事項の決定をラブアン島において行い、決議書を作成する等)

 株式以外の資産の保有を行う会社の場合(Non-pure equity holding activity) 

1)ラブアン島にオフィスを構え、
2)ラブアン島に1名以上のフル勤務のスタッフをおき、
3)ラブアン島において年間2 万リンギ以上の運営費の支出を行う
4)会社の経営管理をラブアン島において行う(=役員が年に何度かラブアン島を訪問し、会社の経営方針等の重要事項の決定をラブアン島において行い、決議書を作成する等)

ラブアン法人設立の流れ

 ステップ1  必要書類をご準備いただき、E メールにてお送りいただきます。 ※1週間から2 週間

 ステップ2  社名予約申請 ※1 日~数日

 ステップ3  法人設立のためにご署名いただく書類をE メールにてお送りしますので、ご署名のうえ、郵便にてご返送いただきます。※数日~2 週間名予約申請 ※1 日~数日

 ステップ4  書類が到着次第、法人設立の登記申請。

 ステップ5  申請後、1 日~1 週間で認可。

 ステップ6  その後、クアラルンプールへお越しいただき、法人口座開設の申請のために銀行を訪問。

 ステップ7  口座開設申請後、銀行側の審査があり、口座開設認可までに少なくとも1 ヶ月以上(1 ヶ月半から2 ヶ月かかる事例もあります)。

 ステップ8  口座開設認可後、約2 週間~3 週間ほど後にオンラインバンキングのセットが届き、アクティベーションの後、オンラインバンキングが使えるようになります。

ラブアン法人で就労ビザを取得する場合には、ステップ5とステップ6の間に就労ビザ申請の手続きが入ります。申請から認可までは約1 か月半から2 か月くらいかかります。そして認可の後、ラブアン島移民局へ行っていただき、ビザを受け取っていただく必要があります。普通のマレーシア法人で就労ビザを申請する場合と異なり、法人設立後、すぐに就労ビザを申請することが可能となっています。

ラブアン法人設立費用

1.初期費用について
(1)ラブアン法人設立登記
手数料+実費(会社登録料等の実費込):2,000 US ドル

(2)初年度のカンパニーセクレタリー報酬(ラブアン信託会社への支払い)
カンパニーセクレタリー報酬:1,500 US ドル

(3)ラブアン法人口座開設申請サポート
手数料+諸経費:600 US ドル

4)就労ビザ申請サポート ※オプション
手数料:2,400 US ドル +ビザ認可後に移民局にて約1,250 リンギットの支払い
(国籍により金額は異なります)
2年分のラブアン法人年間登録料:800US ドル×2 年分=1,600US ドル

(5)扶養家族ビザの申請サポート ※オプション
手数料:お一人あたり800 ドル +ビザ認可後に移民局にて約750 リンギットの支
払い

2.次年度以降の年間維持費について
【必ず毎年支払いが必要な費用】
(1)2,400US ドル

内訳

カンパニーセクレタリー料 1500US ドル
法人税申告100US ドル
ラブアン金融庁へ支払う初年度の年間登録料800US ドル
※毎年、法人設立月に支払い。
※初年度分は、設立時費用4100US ドルに含まれています。
(2)法人税

事業会社の場合

上記の経済的実体要件を満たした場合 3%
実体要件を満たさなかった場合 24%

資産保有会社の場合

上記の経済的実体要件を満たした場合 0%
実体要件を満たさなかった場合 24%
※休眠の場合は非課税

(3)Auditor に対する監査報酬 USD1,500 前後

別途、会計帳簿の作成を外注する場合に必要となる費用や就労ビザを取得した場合にかかる維持費が生じます。