ゴルフ天国:マレーシア

マレーシアは国を挙げてゴルフに力を入れており、

観光客やロングステイヤーからはゴルフ天国と言われています。

マレーシアのゴルフ事情

常夏で常にグリーンカーペット、グリーンフィーは格安、平日であれば予約無しでもプレイ出来るゴルフ場もあります。マレーシアには約200箇所のゴルフ場があり、日本と比べて料金も比較的安いことから、正にゴルフ天国と言っても過言ではないです。例えば、KLの都心にある名門ゴルフクラブから、シーサイド、高原のリゾートコース等々様々なコースを楽しめます。またクアラルンプールやジョホールでは、米国PGAツアー、ヨーロピアンツアー等が開催される本格的なコースもあります。地図は弊社の支店がありますペナン、クアラルンプール、ジョホールですが、もちろんマレーシア国内の地域には他にも数多くゴルフ場があります。また、マレーシアとタイの国境の間に、世界では唯一の自由貿易区内にあるゴルフ場があります。くわしくは、以下の耳寄り情報をご覧ください。

またマレーシアのゴルフ会員権はご夫婦で登録することが出来て、月会費を払えばいくらプレイしてもグリーンフィーは無料と言うゴルフ場も多く、ご夫婦で頻繫にプレイされたい方、ゴルフ三昧をされたい方々には、大変お得なシステムになっています。

ゴルフはよく日本ですとなかなかプレーする機会が無かったり、費用が掛かってしまうため、躊躇されていらしゃった方でも、マレーシアでは、日本ほど費用がかからないと思いますので、今まで興味があってもなかなか手が出せなかったという方々へは、是非この機会にチャレンジしてみては如何でしょうか?。

弊社代表や社員も現地でゴルフを楽しんでいますので、現地ゴルファーとしての立場でゴルフ場を厳選し、ゴルフ場予約、ゴルフツアーの手配等を致します。ゴルフ会員権も併せてお気軽にご相談ください。

 

ゴルフ場のグリーンフィー

名門ゴルフ場であったり、様々なランクや形態のゴルフ場がありますし、平日と週末でも違いがありますし、国内でも、場所によって料金にかなり差が出てくる場合があります。例えば、かなり郊外にあるゴルフ場で、平日1人Rm60~70くらいの場所もありますし、都心にあるゴルフ場では、1人Rm400くらいということもあります。

また、マレーシアでは、イスラム教徒のラマダン中には、プロモーション価格が提示され、通常よりもかなり安い料金でプレーが出来るということもあります。

マレーシアでゴルフをする際の服装と注意点

 服装について 

マレーシアで、プレーされる際の服装服装の規制は、基本的に厳しくはありません。ですが、以下に記載しますので、ご参考にしてみてください。

  • 襟付きのポロシャツ等の着用
  • 膝くらいまでの丈がある半ズボンはOKです。
  • 日差しが強いので帽子(キャップ)またはサンバイザーを着用する
  • 女性の服装も基本的に自由ですが、日焼けや虫刺され等を考慮しますと、なるべく露出は控えた方が良いです。

 プレーをする際の注意点 

  • 水分の補給はこまめにされること。(ペットボトルごと凍らせて持参する方もいます)
  • 日差しが強いので、帽子等は着用し、サングラスなどもあれば万全です。
  • 突然の雨が降ることもありますので、傘や雨具があると良いです。
  • 雷も頻発するので注意が必要です。サイレンが鳴ったりした場合には、速やかに避難してください。
  • コース脇の草むら等には、蛇、アルマジロ、ワニ等様々な動物が生息したりしてますので注意が必要です。
  • 場所によっては、猿が沢山いるコースもあります。そのようなコースでは、カート内の荷物等には注意が必要です。