インターナショナルスクールについて

マレーシアの現状と留学について

マレーシアの現状
1787年-1957年英国植民地であり教育システムは英国を踏襲(英連邦国家)しています。日本と大きく異なるのは11年制という事に加え、節目ごとに全国統一テストがあることでしょう。公立学校はマレー語がメインになりますが、中華系は中国語メインの学校、インド系はタミール語がメインの学校を選ぶことも有ります。また富裕層はインター校に子供を入れ、欧州へ大学留学させるのが一般的教育スタイルとなっています。
ポイント
留学地として
近年は、インターナショナルスクール(海外の学校のマレーシア分校あるいはマレーシアの私立)が増えてきており、海外からの留学生も増えてきています。日本からも家族留学や母子留学が盛んになっております。そして立派な寮がある学校で過ごすことも、とても良い経験となりお子様の成長には目を見張るものがあります。
なぜマレーシアが留学先として選ばれるのか
  • 多くのインター校がある
  • 学費やカリキュラム、住む地域も選択が可能
  • 日本から飛行機で約7時間の距離にあり時差も1時間なので日本からの連絡も取りやすい
  • 学費や生活費などは日本よりリーズナブル
  • 治安や気候がよく日本語が通じる病院もあり安心して過ごすことができる
  • 英語は学校内だけでなく学校外での生活にも利用できるので生きた英語力が身に付くなど

それではマレーシアの教育やインター校等々について、以下の各項目をご覧ください!

マレーシアの教育制度

 

初等教育 7歳で入学し就学期間は6年

公立(政府系=マレー語ベース)の他中国語ベース・タミール語ベース有

6年生で全国統一テスト(UPSR)受験し成績で進学先中学校振り分け

中等教育 中学+高校の5年制教育

中学3年で受験する受験する全国統一テスト(PMR)結果により進学コースと就職コースに振り分け

5年生で受験する全国統一テスト(SPM)成績がその後の進路に関わる

私立校によりOレベル(学力証明資格)カリキュラムがありマレーシアや外国留学の道が開かれているケースもある

中等教育後の進路 ①カレッジなどのディプロマ取得コース

②米国の大学などへの編入を目指すADPコース

③大学進学準備コース(Form6やさまざまなPre-Uプログラムがある

インター校 英国系やオーストラリア系など様々あり英語教育が基本でAレベルなど母国の大学入学に必要な資格を得られる。また近年はIBカリキュラムを取り入れた学校も増えてきているので、大学入学資格に生かすことができる

マレーシアインター校への留学のメリット

  • 英連邦国家で英語が幅広く使用(英語圏)
  • 多くのインター校、学費が安い
    ※マルボロ、ラッフル等世界的名門校もあり
  • 欧米の大学にスムースに進学可
    ※欧米直接進学より文化の壁が低い
  • 日本の大学に帰国生入学も可能(大学によります)
  • 英語以外に中国語を学ぶ事も可能
  • 生活費も安く、トータルに安価に留学可能
  • 多民族国家で異文化体験出来、国際感覚が育つ
  • 大学進学や就職の可能性が世界に広がる!

インターナショナルスクールの特徴

  • 英国式、米国式、カナダ式、オーストラリア式、IBカリキュラムなどそれぞれの学校で特色がある
  • 英国式(ケンブリッジAレベル)カリキュラムを取り入れている学校が多い
  • 近年IB(インターナショナルバカロレア)カリキュラムを取り入れる学校も増加
  • 欧米系教師主流の学校とローカル主流に分かれローカル系は学費が安い
  • 寮制の学校も多数あるので中学年以上では利用も視野に検討されるとよいでしょう
  • 寮のある学校の場合は特に居室や食堂、洗濯などについて下見をしてください
  • 生徒も欧米系が多い学校とアジア系が多い学校がある(学費は欧米系が多いほど高い傾向にある)
  • 英語以外に中国語やマレー語教育にも注力している
  • 学費の目安:RM=30円で計算
  • 欧米系:RM3万(90万)~RM9.2万(276万)現地系:RM1.4万(42万)~RM6万(180万)
  • 学年が上がる毎に学費は上がる
  • キャンペーンや兄弟割引を受けられる場合もあるので利用できるとお得です

インターナショナルスクールのカリキュラムについて

 

学校により異なるのでカリキュラムと学費は重要ポイント

イギリス式:
ケンブリッジ式 マレーシアインター校の主流
学年構成

Primary School:小学部、6年間
Secondary School:中高等部、5年間中高に相当するが5年  と日本より1年短                      A-Level(1.5年間)かFoundation(1年)

高校卒業後の流れ

A-レベル:1.5年間の特進コース  校内で提供または大学(カレッジ)に進学
ファンデーションコース 大学内(基礎課程1年)
ディプロマコース(2年):選択可能

アメリカ式 学年構成
Elementary School:小学部、5年間
Middle School:中等部、3年間
High School:高等部、4年間
所定の単位を取得すれば、基本的に高校卒業資格である ハイスクールディプロマが取得可能。                             学校により最終2年間に上級コースAP(Advanced Placement)やIB有         成績は、コースワーク(平常点)+期末試験との総合で判定
IB           インターナショナル バカロレア /世界共通カリキュラムで最終的大学受験資格「IBディプロマ」を取得すれば世界のほとんどの有名大学受験資格 学年構成
Primary Years Program:初等教育プログラム6年間
Middle Years Program:中等教育プログラム5年間
Diploma Program:ディプロマ資格プログラム2年
IBカリキュラムのインター校                             まだ少数派だが、IBの世界的な評価の高まりにより増加傾向。小学校からIB採用する「IB一貫」校や、基本米国式や英国式で最終2年のIBディプロマのコースを提供する学校有                                   IBの評価と負担:評価が高まっているがかなりオールラウンドでしかも深い理解が要求されためお子様の負担が大きくなるという側面がある
マレーシアでのIBは選択科目の制約もあり、ある程度慎重さが要求される
オーストラリア式 学年構成
Junior School:小学部、6年間または5年
Middle School:中等部、3年間

Senior School:高等部、3年間又は4年間
カナダ式 学年構成
Middle School:中等部、2年間
High School:高等部、4年間
オンタリオ州プログラム採用
最終学年はサンウェイカレッジでCIMPというプレUコース提供
基本的に、最終学年(サンウェイカレッジでの12年生時)で、所定単位を取得しカナダオンタリオ州の英語テストに合格すれば、オンタリオ州セカンダリースクールディプロマと呼ばれる卒業資格が付与されます
その他 フランス式
インド式
フリースクール
日本人学校
フリースクールと日本人学校は学生ビザ不可
学校により駐在員子弟のみ

 

主に英国式の場合の学期制 主としてIB式、米国式、豪州式の学期制
1学期:9月~12月(又は 1月~3月) 1学期:1月~7月(又は 1月~6月)
2学期:1月~3月(又は 4月~7月) 2学期:8月~12月(又は 7月~12月)
3学期:4月~7月(又は 9月~12月)

 

インターナショナルスクール選びのポイント

選択ポイント①

  • 英語力:低学年の英語力はあまり問題になりません。
  • 英語力:中高学年になると、英語力が要求され通常コースに編入できない場合もある。
  • 英語力不十分な場合:学生向けに英語特別コースのある学校を選ぶとよい(ESL/EAL/IEP)
  • 学校にある英語集中コースから学校生活を開始する場合がある
  • クラスに所属しながら英語を別メニューで行ったり追加で補習する授業形態をとることが多い
  • 受験資格:英語力がないと受験できない場合がある
  • ウエイティング:人気校の場合クラスや帝位学年の定員が既にいっぱいで受験を待たなければならない
  • 学生ビザ:申請できない学校もあるので注意

選択ポイント②

  • 名門校:教師の質が高く、規律が良く多国籍の生徒が在籍しているのでお薦め
  • 名門校:システムが良くお勧めですがエウイチングのこのが多いので要注意
  • 英語力:お子様の英語力に応じた学校を選択することが大事です(準備も大切)
  • ステップアップ:英語が上達したら名門校へ転校されることもおすすめです!
  • 寮生活:ご父母さまがが同行されない場合は寮制を検討されるのもよいでしょう!

インターナショナルスクールの受験と留学時期について

  • 事前の情報収集と視察が大切です!
  • 入学試験は通常英語、数学(英語)面接(低学年でも本を読まされることあり)
  • 低学年は入り易くいが高学年になるに従い英語力が要求される
  • 学年のスタートは通常9月(日本の学校より半年遅れ)
  • 途中入学も学校により可能で学校・生徒共に柔軟に受け入れる姿勢がある
  • ウエイテングのインター校も多いので事前確認が必要(特に名門校)
  • 学年を下げる、転校(ステップアップ)も一般的

留学に必要なビザ

  • 学生ビザと保護者ビザ(親一人の保護者ビザ可)
    保護者ビザ=1年毎に更新が必要
    転校する場合はビザを切り替える必要あり
  • MM2Hビザ (夫婦、21歳未満の未婚の子供も帯同できる)
  • 日本人学校には就労ビザ又はMM2Hが必要
  • 学校により学生ビザが申請できないところがある
  • 就学前(幼稚園年齢)は学生ビザ不可

 

 


※お問い合わせは気軽に各支店までお問い合わせください。

お問合せ先

東京都中央区日本橋小伝馬町17-14日本橋S&Sビル2FB

東京事務所ご案内

TEL:03-6661-7683

日本:admin@cosmosplan.jp03-6661-7683(杉山・留学アドバイザー
クアラルンプール:infokl@tpcl.jp(松永)
ペナン:penangsales@cosmosplan.jp(ハワ)
ジョホールバル:infojb@tpcl.jp(ハナ)