ロングステイの魅力と注意点

マレーシアはロングステイで住みたい国 No.1 !

一般財団法人ロングステイ財団2019年1月~12月までに実施したアンケートの「ロングステイ希望国・地域2019」」の結果を発表しました。1位は14年連続マレーシアとなりました。ロングステイ希望国トップとしてのイメージの定着により、幅広い世代に評価されているようです。


ロングステイ財団調べ『ロングステイ希望国・地域2019』」

マレーシアが人気の理由は…

  • 物価の安さが魅力!平均して日本の1/2~1/3程度です
  • 政治と治安が長期にわたり安定
  • 医療が進んでおり、日本語による受診が可能な病院がたくさんあります
  • 英語が良く通じ、現地の人が親日的
  • 地震、天災がほとんど無く、一年中温暖な気候で過ごしやすい
  • 原発が無い
  • 花粉が無い
  • MM2Hビザ(長期滞在ビザ)が取得しやすく、政府も強力に推奨
  • 多民族国家のため、面白い異文化体験をすることが可能
  • 食事も多種多様でおいしく、日本人の味覚に合うものが多い
  • マレーシアを拠点に、国内旅行だけではなく、低価格でプチ海外旅行が満喫できる

ロングステイの目的は…

  • 異文化体験したい
  • 好きな国に住み日本と違う生活をして見たい
  • 避寒や避暑の為
  • 身体的な理由(喘息、花粉症、関節炎、リユーマチなど)
  • 子供や孫を国際的な環境で育てたい
  • 日本の天災や原発被害から逃れたい
  • 日本で出来ない資産運用をする為(MM2Hビザが必要)
  • 日本国の財政破綻の際の資産防衛の為(MM2Hビザ必要)

ロングステイを成功させる為の10か条

夢と希望をもってマレーシアに来たものの、マレーシアが合わないため、ロングスティをあきらめて、ご帰国される方がいるのも事実です。そのようなことにならないように、秘訣をご紹介いたします!

ストレスを少なくし、ロングスティを楽しく送るための秘訣の10か条!

 第1条 

現地の習慣、ルール、常識を受け入れましょう!同じアジア圏と言えどもマレーシアには日本と違う常識や習慣が沢山あります。日本の常識をそのまま持ち込んでも無理ですし、ストレスが溜まるばかりです。「郷に入れば郷に従え」と言う諺通りです。

ロングステイの注意点

日本とマレーシアでは習慣、文化、宗教が異なり、日本の常識がマレーシアに来たら通じないことが多々あります。郷に入っては郷に従うというように、マレーシアの風習を受け入れ、理解することが、楽しく過ごすための秘訣です。

日本人には特に気を付けた方が良い注意点をまとめてみました。

1.交通マナーは、歩行者優先でありません!
マレーシアは車優先の社会になります。横断歩道や広い道を渡る時、特に注意しましょう。