マレーシアのロングステイ体験談集 オススメ

弊社のお客様から頂いたマレーシアでのロングステイ体験談を集めてみました。ロングステイの魅力と滞在された様子がそれぞれの方から伝わってきます。是非ご一読されてみてください。

マレーシア・ペナン体験記ー S様

 一般財団法人ロングステイ財団「LONGSTAY」2018春号より 

以下抜粋

北陸の冬の冷えたい雪や寂しい寒さが辛く、温暖の地を求めてペナン行きを決めたのがきっかけです。これからは、外国でゆったりと暮らすのも悪くないし、海外から日本を見つめ直すのも意義あるように思います。日本は残念な点もありますが、総じて素晴らしい立派な国だとしみじみ思えてきます。さて、ペナンの一番の魅力はまず人々。イスラム教、仏教、ヒンズー教と色々なのに、宗教争いもなく、互いを尊重して仲良く暮らしています。彼らは謙虚で常にほほえみ合い、譲り合い精神が強いと感じます。人前で傍若無人にふるまったり、大声を出したりするような人たちを見かけません。同じアジア人なのに、中国人や韓国人、そして日本人とも大いに違う印象を受けました。

次に挙げたいのは、料理が安くて美味なこと。和洋中華、韓国、タイ、ベトナムと何でもあり、味付けが日本人の口に合うのです。好き嫌いの多い私は、ほっとしました。また市場へ行けば何でも豊富なので、自炊にも困りません。

~続きは、以下のボタンをクリックしてください。

詳しくはこちらからご覧ください

 

マレーシアゴルフの魅力 ー O様

かねてより「ゴルフ天国」というフレーズが気になっていた私は4年前、マレーシアに住んでいた友人を訪ね初めてクアラルンプールを訪れました。そしてマレーシアの雰囲気、街並み、食事などがすっかり気に入りマレーシアでゴルフツアーを開催したいと思い、ご縁のあったコスモスプランさんにクアラルンプール空港から帰りの空港までのツアーコーデネートをお願いしました。 2018年初めてのゴルフツアーはクアラルンプール郊外にあるニライゴルフ&カントリークラブ。コースはフラットでコースコンデションも良く参加者の方々も大満足!

私のマレーシアロングステイ ーW様

2007 年まで放送局のエンジニアでした。57 歳で定年退職して関連会社に転籍しスカイツリータワーの技術顧問などもやりました。2008 年3 月に同社を退職して、4 月からは鹿児島県にある工業大学で教授として教鞭を執ることにしました。教育に9 年間携わり、2017 年3 月に66 歳で退官。その後は、さいたま市に戻って技術コンサルタント業と講演・執筆業などを始めました。

なぜその地域でロングステイをしたのか、その地域を選んだ理由、また何地域目か

初めての海外旅行は27歳の時のイギリスとフランスでした。変動相場制に切り替えって1ドルが200円位になった頃かと思います。在職中にはヨーロッパ、アジア、アメリカそしてカナダ等多くの場所に出かけました。イエローナイフでのオーロラ観察も楽しい思い出ます。国内外のcruise旅行を始めたのが定年後でした。暫くは船旅にはまっていました。

私のロングステイの始まりは、数回の東南アジア旅行で訪れたマレーシアに興味を持ったのがきっかけです。2016年の秋にマレーシアに長期滞在している方達のお宅を訪問する機会がありました。訪問先は、ペナン、キャメロンハイランド、クアラルンプール、そしてジョホールバルの順でした。皆さんは私の先輩か同年代の方達です。お会いしてビックリしたのは皆さんがハツラツとしていて魅力に溢れた人たちであったことでした。ご自分の人生論をとうとうと語ってくれました。お話をしていても自分流のやり方を実践していることを強く感じた次第です。

帰国の前日に立ち寄ったコンドミニアムの建設予定地やモデルルームには釘づけでした。ホテルに帰ってから不動産屋の社長に電話してもう一度あの物件を見せて欲しいとお願いして、翌朝に再度出向いた次第です。衝動的な決断でしたが、今は2020 年のクアラルンプールのコンドミニアムの竣工を待っているところです。

マレーシアの鉄道乗車体験記 ー M様

マレーシアの鉄道乗車体験 (2018年 夏)

訪馬3回目となる今回の旅は、MM2H取得後初めての旅で11日間の滞在でした。入国時のイミグレではMM2H所有者用の専用ゲートを、長い列の一般ゲートを横目にわずか2-3分で通る事が出来、VIPのごとくの対応に思わずほくそ笑んだものでした。

※マレーシアの鉄道用語に関しては最後をご覧ください。

マレーシアの電車の運行と乗客のマナーに驚き

マレーシアの鉄道に関して出発前は、電車のダイヤ通りの運行、乗車マナー、駅や電車の清潔さ、道床やレールなどの保守点検などに関してネガティブなイメージを持っていました。ところが実際に行ってみると私のイメージは実に勝手な思い込みで、ことごとくひっくり返されたのでした。KL-Ipoh-Butterworth(Penang)のKTMは1分の遅れもなく出発/到着しましたし、KL市内のネットワークのLRT/MRTの駅構内は実に綺麗でゴミ一つ落ちていません。乗客のマナーも日本と全く同じか、いや、それ以上に皆さん整然と乗降して静かに乗っておられる方々がほとんどでして、車内で撮影するのに夢中でウロウロしていた私が一番マナーの悪い乗客だったと、今になって反省しております。ちなみにKLでは駅の登りエスカレーターは東京と同じく左側に立って、右を急ぐ人のために空けています。すなわち関西と逆です。なんでやろ?

写真左はLRT,右はMRT

写真左はモノレール,右はKTM