マレーシア マイセカンド・ホーム(MM2H) プログラム

MM2Hプログラムについて NEW(新条件)

MM2H(マレーシア マイセカンド・ホーム)プログラムは、5年間滞在可能な長期滞在ビザ制度で、5年後の更新も可能です。ご夫婦で申請出来、21歳以下の未婚の子供も帯同が可能です。弊社は2003年からMM2H正規代理店として2022年4月現在2,000名を超える方のMM2H取得をサポートをし、更新、解約等の業務の経験も豊富です。

2022年より、申請条件は大幅に変更になりました。また申請方法や必要書類等も若干変更になっております。申請条件と流れに関しまして、以下のボタンをクリックしてご参照ください。

新規申請条件と流れ NEW

 

MM2Hについて

  • マレーシア・マイセカンドホーム・プログラム(MM2H)はマレーシアのマレー半島部(西マレーシア)で発行する長期滞在ビザ制度で、マレーシアと国交を持つ国の外国人が申請出来、許可されるとマレー半島部(クアラルンプール、ペナン、ジョホール等)に住むことが出来ます。(サバ、サラワク州は別)
  • このビザを取得すると、マレーシアに何度でも自由に出入国出来る5年間のビザが与えられます。5年後は更新手続きが必要になります。
  • このプログラムで申請者の配偶者と21歳未満の未婚の子供は同時に申請ができます。
  • 申請後、21~35歳までの未婚の子供と主体者及び配偶者の両親を扶養家族として追加帯同申請できます。

すでに旧条件にてMM2Hビザをお持ちの方が更新をされる際には、基本的に旧条件のままで更新できます。ただし、2022年4月下旬より、5年間の更新になりました。更新等に関しましては、以下のボタンをクリックしてご参照ください。

ビザ更新(MM2Hビザお持ちの方)