サラワクMM2Hについて

サラワクMM2Hについて

  • サラワク州マレーシア・マイセカンドホーム・プログラム(S-MM2H)はサラワク州で発行するビザ制度で、マレーシアと国交を持つ国の外国人で30歳以上の人が申請出来、許可されると長期間マレーシアに住むことが出来ます。
  • このビザを取得すると、マレーシアに何度でも自由に出入国出来る10年間のビザが与えられます。(5年+5年)10年後はその時の条件で再申請となります。
  • このプログラムで申請者は配偶者と21歳未満の未婚の子供と主体者の両親を扶養家族として帯同出来ます。
  • 主体者と帯同者全員が一緒に申請が必要です。帯同者を後から追加する事は出来ません。
  • サラワクMM2Hプログラムでマレーシアの他の州に住む事は出来ますが、年間最低30日はサラワク滞在が義務付けられています。
  • ビザを保持している期間、保険の加入が必要になります。(サラワク州の保険代理店使用)

 

サラワクMM2Hの必要条件

  • ビザ申請の保証人(スポンサー):サラワク人又はサラワク州政府が認めたS-MM2Hの正規代理店に依頼する事が必要です。弊社は信頼出来る正規代理店と提携しております。
  • 年齢により申請条件が異なり、50歳以上の方が申請しやすい条件となっています。
    毎月の収入証明(単身RM7,000(約21万円)、夫婦RM10,000(約30万円))と現地銀行の定期預金(単身RM150,000(約450万円)、夫婦RM300,000(約900万円))の両方で基本条件はクリア出来ます。
  • 30~40歳の方でも子供をサラワクのインター校に留学させる場合、取得が可能です。(上記同様、収入証明と現地銀行の定期預金も必要)
  • 40~50歳の方はサラワクで不動産(RM600,000(約1,800万円)以上)を購入するか、子供をサラワクのインター校に入学させる場合、取得が可能です。(上記同様、収入証明現地と銀行の定期預金も必要)
  • ビザの審査期間は書類を提出してから150営業日程度(約3.5カ月)。
  • ビザ申請と発給で現地へ2訪問が必要となります。
  • サラワク州以外のマレーシア全土(サバ州は要確認)どこにでも居住が可能です。
    年間30日以上サラワク州内にて滞在義務が有ります。(ビザ取得者全員)
  • ビザは5年 + 5年の10年:5年後の延長の場合は、銀行に行き定期預金のステートメントの認証、及び申請者全員の健康診断が必要
    ※10年後に更新したい方は、その時点の条件で再申請となります。
  • 定期預金でS-MM2Hビザを取得した方は、住宅、車の購入、子供の教育の為、高額医療の目的で定期預金を一部解約する事は可能です。但し事前許可が必要となります。※定期預金の一部解約対象は、サラワク州での不動産、車購入又はインター校学費となり、他の州での不動産、車、インター校は対象となりません。※ビザを保有する限り夫婦の場合定期預金RM180,000(約540万円)、単身の場合RM90,000(約270万円)を維持する必要があります。(RM1=30円計算)